【48手体位】流鏑馬の気持ちいいやり方を徹底解説

四十八手

いつものセックスでもっと興奮する体位に挑戦したい

パートナーにさらに感じてもらえる体位に挑戦したい

 

そんなあなたに実践してほしいのが、流鏑馬という体位です。

 

流鏑馬は四十八手の1つで、道具を使って行う体位です。

 

流鏑馬のやり方やパートナーに感じてもらうためのテクニックについて解説していきます。

たく
この記事を書いた人
たく

元陰キャラコミュ障。大学までコミュ障をこじらせ彼女もいなかった。しかしそんな状況はまずいと思い、コミュニケーションや女性との出会い方などを学び、彼女を作ることができた。そして彼女にバレないようにセフレも作り、色々な女の子とセックスを楽しめるようになった。セフレの作り方やセックステクニックなどについて発信している。

たくをフォローする

流鏑馬はどんな体位?

48手の中には道具を使った本格的な体位があります。「流鏑馬」(やぶさめ)もそうした道具を使った体位の1つになります。

 

流鏑馬体位は騎乗位の姿勢で、男性の首の後ろに縄を通して、男性にまたがった女性がその縄を両手でつかんで、膣に入ったペニスをピストンさせて快楽を得る体位です。

 

馬に乗って弓を射る流鏑馬という昔ながらの弓道の方法を、セックス48手に取り入れて、疑似流鏑馬に見立てて行います。馬役の男性は、女性の腰遣いで「ヒヒーン」と快楽の雄たけびを上げるわけですね。

 

なかなか上級者向けの体位が流鏑馬になります。

流鏑馬体位のやり方

流鏑馬は騎乗位の1パターンですので、通常騎乗位を行う流れで大丈夫です。前戯→正常位→騎乗位の流れのカップルが多いと思います。

 

まず騎乗位の体勢になります。女性が勃起した男性のペニスにまたがり、膣にペニスを挿入します。そのまま上下にピストンすればただの騎乗位ですが、流鏑馬の場合、ここで女性が男性の首に縄や紐をひっかけます。

 

この縄を使って、男性の首をストッパーにして、女性本位で激しくまぐわっていきます。縄や紐があることで、激しく勢いのあるピストンができますし、男性の首や頭を女性に向けさせるような、SMチックな乱暴な使い方も可能です。そう、この流鏑馬はソフトSMプレイとしても利用できる体位なのです。

 

女性がS、男性がMならば、通常のセックスの流れだけではなく、手軽にできるSMプレイとして、流鏑馬をアブノーマルなプレイのソフト版として取り入れても面白いです。

 

正常位で男性が気持ちよくなった後に、騎乗位の流鏑馬で女性主導で気持ちよくなってもらうように考えていますが、もちろん、前戯の後、いきなり流鏑馬の体位で騎乗位を行っていただいても構いません。その日の2人のセックスの流れ次第になりますが、基本、騎乗位ですのでどこからの流れでも行うことは難しくないはずです。

流鏑馬体位での腰の動かし方

流鏑馬は騎乗位ですので、基本的に女性上位で、挿入、ピストンの主導権は女性が握ります。男性の首に伸ばした縄や紐を引っ張ることで女性の上半身が安定します(男性の首には負荷がかかります)。

 

通常の騎乗位では女性は、男性の胸やヒザの上に両手を置きバランスをとりますが、流鏑馬はその代わりに手綱で身体が崩れないようにバランスをとります。綱、紐を手で持ちながら、膣に結合したペニスで全体のセックスのバランスをとり、ピストンの緩急をつけていきます。

 

手綱をもって本能の赴くまま女性が激しく上下にピストンするのもいやらしいですが、それだけではなく、男性の首にかかる手縄を引っ張ってそれを支えにして、上半身を後ろに倒していくことで、腰を前後にスライドすることもできます。上下の激しいピストン、前後のグラインド、どちらも流鏑馬は可能になります。

 

ペニスと膣のピストンの快楽だけではなく、腰をグラインドすることで、クリトリスがこすれ、クリイキも可能になります。中イキとクリイキを自在に使い分けられるのが流鏑馬の大きな特徴です。

 

それでは男性の方が完全受け身で腰を使う場面がないかというとそうでもありません。

 

女性が腰を少し浮かせると、男性がピストンする余裕が生まれます。首に縄がかかったまま、ペニスをピストンして快楽を得るのは、情けなくもありますが、M属性の男性にとっては、女性に快楽を支配されているようでたまらないかもしれません。ピストン中に手綱を引き寄せるなどして、服従しているように見せるのも、興奮する人にとっては堪らないでしょう。

 

女性が手綱度「はい!」と合図をしてピーンと貼りつめると、それに合わせて「馬」である男性は、思いっきりピストンをするような約束を決めておいてもいいでしょう。

 

流鏑馬は女王様と奴隷のSMプレイ以上に、乗馬主と馬という人と動物という関係に擬したSMプレイができます。

 

女性のサディズムと男性のマゾヒズムがともに刺激されるいやらしい腰使いが男女ともに期待されます。

流鏑馬体位での注意点

流鏑馬は縄や紐というアイテムを使いので注意点も多いです。まず、縄紐の素材次第では、男性の首に負荷がかかりすぎることになります。ベルトや皮製品を使ってしまうと、首や肌へ大きなダメージが行きますし、細すぎる紐ですと、食い込んで出血等してしまうかもしれません。

 

間違って、紐が結ばれる状態になってしまうと、絞殺してしまうリスクもあります。一種の「首絞めセックス」であり、十分注意してください。

 

できれば、柔らかくダメージも少ない、マフラーやネクタイ、長めのハンドタオルなどを使うのがおすすめです。

 

また、流鏑馬プレイに熱中しすぎて、男性の股間部に圧力をかけすぎないようにしてください。ペニスにダメージを負ってしまいます。

流鏑馬体位でさらに感じさせるテクニック

よりSMチックに行いたいのであれば、縄紐を割っかに変えてみましょう。縄で輪を作れば片手が空きます。その片手で男性を「手綱」で御しながらもう片手で男性の乳首や体を愛撫することもできます。人によっては鞭を入れることもあるかもしれません。

 

空いた手の指を男性に加えさせれば、まるでペットのように扱うこともできます。主従関係が「女性>>>>男性」となります。男性がMで女性がSの場合、流鏑馬は単なる騎乗位の1体位ではなく、ソフトSMの入り口としても機能することになり発展性がすごいです。

流鏑馬体位でさらに興奮するセックスライフを

この記事では、流鏑馬体位のやり方や、気持ちよくなってもらうためのテクニックについて紹介してきました。

 

流鏑馬体位は四十八手の1つで、道具を使って行うセックス体位です。男性が馬に、女性が馬に乗る騎手に見立てたセックス体位です。

 

男性は縄に繋がれる体位なので、女性がS、男性がMというカップルにぴったりの体位です。

 

いつも男性がSで女性がMでも、たまには逆転してみるというのも興奮しますね。

 

流鏑馬体位を取り入れて、さらに興奮するセックスライフを楽しんでください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました