【48手体位】うしろやぐらの気持ちいいやり方を徹底解説! 

四十八手

セックスで少し新しい体位に挑戦してみたい

もっとパートナーとのセックスを盛り上げたい

 

そんなあなたに挑戦してほしいのが、うしろやぐらという体位です。

うしろやぐらは四十八手の1つで、現在でも割とポピュラーなタイプの体位の1つです。

この記事では、うしろやぐらの気持ちいいやり方やテクニックについて解説していきます。

たく
この記事を書いた人
たく

元陰キャラコミュ障。大学までコミュ障をこじらせ彼女もいなかった。しかしそんな状況はまずいと思い、コミュニケーションや女性との出会い方などを学び、彼女を作ることができた。そして彼女にバレないようにセフレも作り、色々な女の子とセックスを楽しめるようになった。セフレの作り方やセックステクニックなどについて発信している。

たくをフォローする

うしろやぐらはどんな体位?

あなたは「うしろやぐら」とはどんな体位と思いますか?

 

うしろやぐらを一言でいうと「立ちバック」のことです。

 

うしろやぐらは四十八手体位の中でも、正統派立バックになります。

 

江戸四十八手には、うしろやぐらの他に立バックは碁盤責め、仏壇返しなどがあります。

 

ただし、これらはうしろやぐらの変則系、または亜流です。

うしろやぐらの由来

うしろやぐらの由来は、本物の櫓(やぐら)です。

 

ちなみにうしろやぐらは漢字では「後ろ櫓」と書きます。

 

櫓とは高い砦(とりで)や城郭に建てられた見張り台のことです。

 

この見張り台からの眺めと、立バックで女性を犯している時の眺めが共通して大変良かったことから、うしろやぐらと名づけられたといわれています。

 

また船をこぐ時に使う「櫓(ろ)」を男性のペニスに見立て、相撲の決まり手である「櫓投げ」を絡ませたこともうしろやぐらの由来に関係しているといわれています。

うしろやぐら体位のやり方

ここでは基本的なうしろやぐらの形とスムーズなうしろやぐらへの移行方法について解説します。

基本的なうしろやぐらの形

❶女性は立った状態で壁などの動かないモノに両手をつきます。この時、両肩が腰よりも低くなると碁盤責めや仏壇返しになります。

❷次に両足を肩幅サイズに開き、軽く膝を前かがみにして、お尻を上に向かって突き出します。

❸男性は女性の背後から近づき、ペニスを握り、女性のヴァギナにゆっくりと挿入します。

❹男性はペニスの挿入が完了したら、女性の肩・腰・腕のいずれかを片手、または両手でしっかりとつかみます。

❺男女ともバランスが安定したら男性はピストン運動に入ります。

 

以上が基本的なうしろやぐらの形の解説でした。

スムーズなうしろやぐらへの移行方法

❶男女とも立った状態で抱き合い、キスをします。

❷気分が乗ってきたら立ったままで、女性がくるりと男性に背を向け、壁に両手をつきます。

❸①の「基本的なうしろやぐらの形」にそのまま移行してください。

※注意点としては、男女両ひざをついた状態でのバックからのうしろやぐらへの移行はやめましょう。

 

理由は通常のバックからうしろやぐらへの移行は男女とも負担が高いからです。

 

難易度がかなり高くなります。

うしろやぐら体位での腰の動かし方

こちらではうしろやぐら体位での腰の動かし方について解説します。

 

基本的にうしろやぐらでは女性が立った状態でのペニスの挿入になることから挿入は浅くなりがちです。そのため激しいピストン運動は不向きです。

 

できるだけゆっくりとペニスを斜め上に突きあげるイメージで腰を振ってください。

 

その時女性の腰が浮き上がらないように男性が女性の腰をしっかりと押さえておきましょう。

 

Gスポットを狙って腰を動かす

Gスポットは恥骨の裏側あります。一般的な男性のペニスの長さであれば十分届く位置にあります。

 

膣口から4~5cmほど入ったところの恥骨あたりを狙って腰を動かしてあげると、Gスポットを的確に責めることができます。

 

Gスポットは膣内のお腹側にあるので、たちやぐらの姿勢で前に手を突くのではなく、パートナーの体を起こしてあげると、よりGスポットにペニスが当たるようになります。

 

ボルチオを狙って腰を動かす

ボルチオは膣口から最も奥、子宮の入り口あたりにあります。うしろやぐらでポルチオを狙って腰を動かすには、ある程度ペニスの大きさが必要です。

 

というのも、うしろやぐらの体勢は、腰がお尻の肉に当たってしまい、なかなか奥深くまで挿入できないからです。

 

しかしある程度の大きさがあれば、ペニスをゆっくり奥まで挿入することで、ポルチオを責めることができます。

 

奥まで挿入したら、腰を激しくピストン運動をするというよりは、腰をぐりぐりっと押し付けるように動いてあげると、ポルチオに圧をかけるように刺激することができるので、パートナーに気持ちいいと感じてもらうことができます。

 

うしろやぐら体位での注意点

非常に魅力的な体位であるうしろやぐらですが、いくつか注意点があります。

 

うしろやぐらでの注意点を回避することで、さらにパートナーとのセックスライフが充実します。

 

うしろやぐら体位での注意点は次の3点です。

身長差があるカップルには不向き

1つ目の注意点は身長差があるカップルには不向きなことです。

 

その理由はペニスとヴァギナの位置がずれることから、挿入が上手くいかなくなるからです。

 

パートナーと身長差があり過ぎると、挿入するために一方に高い負担がかかります。

 

なので、身長差があるカップルには不向きです。

激しいピストン運動には不向き

2つ目の注意点は激しいピストン運動には不向きなことです。

 

理由はうしろやぐらは挿入が浅くなりがちな体位だからです。

 

うしろやぐらはほんのちょっとタイミングがずれると簡単にペニスが抜けてしまいます。

 

なので、激しいピストン運動には不向きです。

立った状態でつながるので不安定

3つ目の注意点は立った状態でつながるので不安定なことです。

 

理由は男女が立ったままで挿入していることから、ちょっとしたことでバランスを崩してしまうからです。

 

うしろやぐらは立バックであることから、四つん這いバックと比較するとかなり不安定なので、注意が必要です。

うしろやぐら体位でさらに感じさせるテクニック

うしろやぐらでテクニックを駆使することで、さらにパートナーに感じてもらうことができます。

 

うしろやぐら体位でさらに感じさせるテクニックにはどのようなものがあるのでしょうか。

腰をグラインドさせる

1つ目のテクニックが「腰をグラインドさせる」ことです。

 

腰をグラインドさせることで、ペニスの抜けを回避し、女性の膣の中をかき回し、ヒーヒー言わせることができます。

 

Gスポットやボルチオにあたり、放尿、痙攣、失神するかもしれません。

愛撫する

2つ目のテクニックが「愛撫する」ことです。

 

うしろやぐらで挿入した状態で、女性の耳やうなじ、乳首などの性感帯を愛撫することで感じまくってしまいイってしまいます。

 

うしろやぐらでさらに盛り上がるセックスを

この記事では、うしろやぐらとはどのような体位なのか、うしろやぐらのテクニックについて紹介しました。

 

うしろやぐらは四十八手の1つで、いわゆる立ちバックの体位です。

 

うしろやぐらは激しくピストン運動をするよりは、奥をグリグリと刺激したり、Gスポットを狙って腰を動かしてあげるととても気持ちいいです。

 

うしろやぐらで気持ちよくなってもらうためのテクニックも紹介してきたので、ぜひ今夜にも挑戦してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました