【48手体位】テコがかり体位の気持ちいいやり方を徹底解説!

四十八手

あらゆる体位の中でも、最も難しいと言われている体位をご存知ですか?それが今回紹介するテコがかりという体位です。

 

テコがかりはペニスの向きが他の体位とは違うという大きな特徴があります。

 

最高難度と言われているテコがかりをマスターすると、パートナーを驚かせてさらに虜にすることができます。

 

テコがかりの気持ちいいやり方やコツを紹介してきます。

たく
この記事を書いた人
たく

表は28歳男、IT系企業に勤める会社員。裏はSNSで出会った4人のセフレと週替わりで刺激的なセックスを楽しむハメ撮り師。しかし、昔は彼女いない歴20年の、元陰キャラコミュ障。20歳からはナンパにアプリ、合コン、風俗と、女性と出会うあらゆる手段を試した。童貞でも複数のセフレを作れる方法やセックステクニックを伝授している。

たくをフォローする

テコがかりはどんな体位?

テコがかりは、あらゆるセックスの体位の中でも最難度を誇る非常に難しい体位です。

 

テコがかりは男性が女性の上になり挿入しますが、正常位とは異なり、女性の足の方を向いてペニスを膣に挿入する体位です。

 

つまり、膣や膣口とは逆方向を男性が向くので、ピストン運動が難しく、ペニスが曲がったり折れたりするリスクもある危険な体位でもあります。

 

しかし、テコがかりができるようになるとさらにセックス体位のバリエーションも出てくるので、さらにセックスを盛り上げることができます。

テコがかり体位のやり方

テコがかりの体位に移動するためには、男性がシックスナイン上位の体位(「椋鳥」など)から徐々に女性のつま先の方に下がっていき、ペニスと膣が交わるところで挿入します。

 

男性は女性に足しか見えず表情を確認することができません。女性も男性の後頭部しか見えない姿勢になります。

 

男性は勃起したペニスを手で押さえつけながら、女性の膣に挿入します。正常位のように勝手に挿入することは難しく、手の補助が挿入には必要になります。

 

本来とは逆の方向から挿入するので、挿入が深くなることはなく、また。ペニスが柔らかくなると挿入できません。

 

固すぎず、柔らかすぎず適度な固さと角度で挿入した後は、男性は両手でバランスをとりながら、下半身ではなく、上半身を前後に揺さぶるって、ペニスをピストンします。

 

腰を動かしてのピストンではなく、両手を使って体全体を上下させて、それに付随する形でペニスと膣をこすっていくイメージです。

 

浅い挿入でフィニッシュするのは非常に難しく、テコがかりができるAV男優も限られていると言われています。

テコがかり体位での腰の動かし方

上で書いたように、テコがかりの場合、腰を動かすのがとても難しく、正常位のような本能に身を任せたピストンが難しく、職人芸のような腰の動きが求められます。

 

テコがかりの挿入は浅くなってしまうので、男性が激しく腰を動かすとペニスが抜けてしまいます。腰をグラインドさせるのではなく、小刻みに亀頭と膣壁をこすり合わせて、ペニス全体ではなく、亀頭部分で快感を得るのがポイントになります。

 

そうすることで、勃起したペニスが上に向こうとする力と、膣内でのペニスが女性のお尻側を押さえようとする相乗効果で、浅い挿入感をカバーできます。

 

腰を動かしたりピストンしたりすることを諦めて、男性が腰を女性のデリケートゾーンに擦りつけることで、膣口を支点として、ペニスがカメラのように膣内を左右に「巡回」するようなプレイもできます。

 

こうして、ペニスで膣内をまさぐることができ、亀頭への刺激に集中することでピストンしなくても快感が得られます。なんだか、膣をペニスで検査しているようで、普段のセックスにはない興奮をおぼえることもできます。

テコがかり体位での注意点

テコがかりは本来のセックスとは違う方向から、ペニスを自然なセックスとはかけ離れた無理な方向に曲げて挿入します。当然、本来予定していない圧力がペニスにかかり負荷になります。

 

そのまま激しい動きやピストンをすると、ペニスや亀頭の海綿体が傷つく可能性もあります。最悪の場合、ペニスが折れてしまう(陰茎折症、海綿体が折れる)ということも否定できません。

 

アクロバティックで無理がある体位であることはあらかじめ意識し、十分注意してください。

 

無理にこの体位でフィニッシュしようと思わず、一連のセックスの流れの中のアクセントとしてテコがかりを盛り込むくらいの認識でいてください。

 

この体位で射精までもっていくのはAV男優でもなかなか難しく、パートナーの同意を得てチャレンジしてみるくらいのイメージでやっていただくほうがいいでしょう。

 

ペニスを挿入される女性側も負担がかかります。ペニスによる強い圧迫感によって痛みを感じることもありますし、男性の体重が女性の下半身に集中します。膣だけではなく体全体が押されてしまうので、無理ならばすぐやめるのが肝心です。いくらでも気持ちよい体位はあるので、テコがかりは「めずらしい、チャレンジしてみる体位」と割り切るのが大切です。

テコがかり体位でさらに感じさせるテクニック

テコがかりの難しいところは、男性上位ではあるものの、実質的には男女が平行になっていることで、挿入感を得られず、ペニスに圧力がかかりリスクがあるというものです。

 

浅い挿入をカバーし、非日常的なセックス体位に興奮するためには工夫が必要です。工夫次第で、浅い挿入でも大いに楽しむことができます。

 

例えば女性の背中に枕や太く丸めた毛布を敷いてみましょう。これによって、女性の腰が浮きますので、床にぴったりくっついているよりも男性の挿入がやりやすくなります。空間があればそれだけペニスを挿入しやすくなります。

 

あくまで挿入がしやすくなるだけでで、両手で身体全体を上下させる男性の負荷は変わりませんが、かなりセックスとして実用的になります。

テコがかりでアクロバティックな体位に挑戦しよう

今回は、アクロバティックな体位テコがかりについて紹介してきました。

 

テコがかりはペニスの向きが他の体位とは全く違うというのが特徴です。

 

テコがかりができるようになると、パートナーを驚かせるだけでなく、さらにセックスを盛り上げることができるようになるので、ぜひマスターしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました