【48手体位】獅子舞の気持ちいいやり方を徹底解説!

四十八手

セックスで新しい体位に挑戦してみたい

少しマンネリ気味なので、刺激のある体位に挑戦してみたい

 

こんな悩みを解決してくれるのが、四十八手の1つ「獅子舞」という体位です。

 

獅子舞は対面座位の一種で、女性の両足を男性の肩に乗せて行う体位です。

 

獅子舞のやり方や気持ちよくなってもらえるテクニックなどを解説していきます。

たく
この記事を書いた人
たく

元陰キャラコミュ障。大学までコミュ障をこじらせ彼女もいなかった。しかしそんな状況はまずいと思い、コミュニケーションや女性との出会い方などを学び、彼女を作ることができた。そして彼女にバレないようにセフレも作り、色々な女の子とセックスを楽しめるようになった。セフレの作り方やセックステクニックなどについて発信している。

たくをフォローする

獅子舞はどんな体位?

獅子舞と聞くとお正月のあれを思い出しますが、実は四十八手の中にも同じ獅子舞という体位があります。

 

獅子舞の体位は対面座位の1つのバリエーションで、女性の両脚を男性の肩に乗せた対面座位になります。結合部分だけでは不安定な姿勢になるので、女性は両手を床に置き、倒れないようにバランスを取ります。

 

女性はその体勢では腰を動かしていくのが難しいので、男性主体、男性リードの体位になります。

 

男性はペニスが膣から外れないように工夫をしていきます。勃起したペニスの挿入角度が鋭角になるので、膣圧と相まってペニスが相当きつくなります。

 

締め付け感を味わうことはできますが、ストロークによる直接の刺激はなかなか得られにくい体位でもあります。

 

男性のピストンや愛撫によって揺れる女性の髪の毛が、獅子舞のたてがみのように見えるので、この体位は「獅子舞」というネーミングになりました。

獅子舞体位のやり方

獅子舞は、女性の両足を男性の方にかけた状態の対面座位になります。正常位や座位などで挿入中から、獅子舞の体位に移行するのが簡単です。

 

いきなり獅子舞の状態になろうとしても、両足が方にある状態でペニスを膣に挿入するのは至難の業です。膣口が床に近い状態で、結合するのは相当なテクニックが必要で、ペニスを膣の奥まで没入させるのは労力がかかりすぎます。

 

そのため、正常位や深山の体位などですでにペニスと膣が結合している状態で体を起こして、女性の足を肩にかける姿勢に移るのが獅子舞の体位のやり方として簡単です。

 

獅子舞の体位に移動した後は、交合しながらお互いの性的な感覚を高め合っていきましょう。この体位でのフィニッシュもありです。

獅子舞体位での腰の動かし方

獅子舞はアクロバティックな体位であり、女性は自分で腰を動かすことが難しく、男性も効果的なピストンをするには相当な腕力が必要になります。

 

獅子舞でピストンをする場合、上下に動かそうとすると、いわゆる「駅弁体位」を座った状態で行うことになり、女性を抱え上げてペニスの上を腕力で上下させることになります。性的に感じるよりも体力的にもきついというのが先に来てしまうかもしれません。

 

また、ピストンのストロークもペニス全体を動かすのが難しく、小刻みに膣の中で振動させることが中心になります。

 

膣とペニスの出し入れに伴う膣壁との摩擦による快楽が得られにくく、男性が快感を得るよりも、獅子舞の体位で女性を悦ばせることに力点を置いた方がいいでしょう。

 

女性が気持ちよくなるためには、獅子舞の体位で深くペニスを膣に挿入して、膣の最深部のポルチオを押してあげるといいでしょう。ピストンのストロークによる膣の快感ではなく、ポルチオを直接刺激する快感を与えるため、ポルチオ性感帯に振動を与えるように腰を小刻みにトントンと動かしていきましょう。

獅子舞体位での注意点

獅子舞の体位は少しアクロバティックな体位なので、少し注意したいポイントもあります。

 

獅子舞の体位の注意点は次の2つです。

 

1.女性のバランスが安定しない

2.男性の体力が続かない

女性のバランスが安定しない

獅子舞の体位では、女性は自分の上半身を両手で支えながら、バランスを取らなければなりません。

 

ペニスを挿入された状態ですので、バランスよりも快楽が優先してしまい、倒れこんでしまうかもしれません。獅子舞の体位でバランスを崩すと、男性のペニスに負荷がかかりけがにつながります。女性も倒れてしまうと頭などを打ってしまう危険性もあります。

 

アクロバティックな体位なので、少しリスクがあります。安全を確保した上で獅子舞の体位を行いましょう。

男性の体力が続かない

獅子舞の体位は、男性にとっては女性を抱え上げて、腕の力だけでピストンしていくので、長時間続けることができません。ペニスへの刺激も少なくなり、そのまま萎えてしまうかもしれません。

 

せっかく盛り上がる体位ですので、そのまま次の体位へスムーズに移行するか、フィニッシュをしたいものです。

獅子舞体位でさらに感じさせるテクニック

獅子舞の体位では女性を男性の両手で支えているので、手による愛撫はできません。そのため、まずはアクロバティックな体位そのものを完遂できることを優先すべきです。

 

獅子舞の体位で行えるテクニックとしては、抱えている女性の足に顔をうずめて、太ももにキスなどをしてあげるなどがあげられます。

 

性器を結合させながら、太ももにキスをする、外から見ていると非常にエロく、盛り上がること請け合いです。

 

獅子舞は性器への直接の刺激で感じる体位というよりも、通常の体位ではあり得ない2人のアクロバティックな様を楽しむものです。

 

ピストンによってフィンビッシュまで至るのはなかなか大変ですが、2人協力してオーガズムに達することができれば、他の体位にはない達成感を得られるはずで、それこそが獅子舞の醍醐味です。

獅子舞の体位でセックスに新たな刺激を

この記事では、四十八手の1つ獅子舞の体位のやり方やテクニックを解説してきました。

 

獅子舞の体位は対面座位の1種で、女性の足を男性の肩に乗せて行う、他の体位と比べると少しアクロバティックな体位です。

 

獅子舞の体位はアクロバティックな体位なだけに、少し危険も伴います。お互いの安全を確認した上で、パートナーと一緒に気持ちよくなりましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました