【48手体位】志がらみの気持ちいいやり方を徹底解説!

四十八手

いつもと違った体位に挑戦してみたい

パートナーとのセックスをさらに盛り上げたい。

 

そんなあなたに挑戦してほしいのが、志がらみという体位です。志がらみは四十八手の1つで、女性が足を伸ばした体勢で挿入する伸長位の体位です。

 

志がらみのやり方や、パートナーに気持ちよくなってもらうためのテクニックを紹介してきます。

たく
この記事を書いた人
たく

元陰キャラコミュ障。大学までコミュ障をこじらせ彼女もいなかった。しかしそんな状況はまずいと思い、コミュニケーションや女性との出会い方などを学び、彼女を作ることができた。そして彼女にバレないようにセフレも作り、色々な女の子とセックスを楽しめるようになった。セフレの作り方やセックステクニックなどについて発信している。

たくをフォローする

志がらみはどんな体位?

日常生活、社会生活にはさまざまな「しがらみ」があります。男女の仲も同様で、愛する二人、別れる二人、しがらみによって別れることができない男女もいます。

 

そうした男女の微妙な関係をセックス48手の中に現したのが「志がらみ」です。ただのしがらみではなく「志」があるからみ、というネーミングになっているのがポイントで、この体位はハマるとセックスに志を持って臨むくらい、真剣になってしまうやみつきの体位です。

 

志がらみは正常位で挿入中に女性が足を伸ばして、伸長位になった体位です。女性の足が伸び、膣が挿入されたペニスを締め付け、まとわりつき、性のしがらみとなって全身に快感をもたらしていきます。

志がらみ体位のやり方

志がらみは女性が足をピンと伸ばした伸長位です。正常位でペニスを膣に挿入後、女性が足をまっすぐ伸ばします。最初から志がらみの体位になるのは難しいため、正常位で挿入した後に、女性にお願いして足をまっすぐに組み直してもらいましょう。

 

伸長位に体勢になったら、ペニスがすごく締め付けられるような感触になるはずです。男性は女性を抱きしめたまま、膝を動かしつつ、ピストン運動をして下さい。志がらみは男性主導、男性上位の体位であり、セックスの主導権は男性側にあります。女性は男性に快楽の波を任せてみましょう。

 

女性の紅潮する顔、思わず漏れる嬌声で、男性の興奮度はどんどん高まっていくはずです。身体の密着度も高いため、イチャイチャすることができ、顔やおっぱいを思う存分愛撫することも可能です。髪の毛をいじったり、キスをしたり、ペニスはがっちり膣で固定されているので、抜ける心配はありません。

 

女性は足を伸ばしているので、膣のポジションは固定され、ペニスが膣内で動く快感をダイレクトに体感できます。

 

志がらみから他の体位で移行したくても、ペニスへの快感がものすごくて、そのまま射精してしまうこともままあります。正常位でフィニッシュするのではなく、志がらみに移行してフィニッシュすることを目的としている場合が多いです。

志がらみ体位での腰の動かし方

志がらみはどちらかというと、ピストンによって感じる体位ではなく、じっくりと膣の締まりを感じる体位なので、あまり激しい腰の動きはしません。全身を使って腰をダイナミックに動かすというよりも、膝で身体を固定しつつ、激しいピストンは控えましょう。

 

腰をゆっくり上下させ、膣内の感触を味わい、女性に対してもペニスが挿入されている、動いている感覚を味わってもらうため、とにかくゆっくり腰を上下させるのが志がらみのポイントになります。

 

イきやすい体位ですので、思いっきりピストンしてしまうと、すぐに射精してしまいセックスが終わってしまいます。

志がらみ体位での注意点

志がらみの体位自体はどれほど難しいものではなく、誰でもできます。注意点として、ペニスへの締め付けと快感がすごいので、アッという間にイってしまう可能性があることくらいです。早漏気味の男性は、志がらみを堪能することもなく、オーガズムに達して、精子を搾り取られてしまうリスクがあります。

 

逆に遅漏気味の人は志がらみならばすんなり射精できるかもしれません。中折れ気味で、子作りに支障があるカップルの場合、志がらみで膣内射精に挑戦してみるのはありです。

 

良くも悪くも、すぐに中でイってしまいやすい体位だというのが、志がらみの注意点となります。

志がらみ体位でさらに気持ちよくなってもらうテクニック

 

志がらみはペニスと膣がじっくり触れ合うことができ、まさに男女のしがらみをセックスにおいて表現したような体位です。伸ばした足によって膣内でロックされたペニスは、じっくりGスポットや膣壁を刺激できます。通常、女性はクリイキや外イキでオーガズムに達することが多いのですが、しがらみは最高の快楽と言われる中イキにチャレンジできます。

 

じっくり膣内のペニスをうまく使って膣壁や奥にあるGスポットをトントンと刺激してあげます。クリイキしそうになったらストップし、若干感度が引いたら、また、トントンと刺激してあげます。そうすることで、女性は膣内の刺激でどんどん高まっていき、最終的にはなかなか難しいと言われる中イキでオーガズムに達することができます。

 

ペニスと膣ががっちり伸ばした足で固定されているため、勢いに任せたピストンにならないのが、中イキチャレンジをするのに最適な環境を作ります。いままで女性が中イキしたことがないという場合、志がらみの体位でチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

志がらみ体位でさらに盛り上がるセックスを

この記事では、志がらみ体位のやり方やさらに気持ちよくするテクニックについて紹介してきました。

 

志がらみ体位は四十八手の1つで、足を伸ばして行う伸長位という体位の1種です。

 

志がらみは中が締まるので、パートナーの中をしっかり感じることができ、パートナーを中イキさせやすい体位でもあります。

 

志がらみ体位に挑戦して今以上にセックスを盛り上げましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました