【48手体位】撞木ぞり体位の気持ちいいやり方を徹底解説!

四十八手

パートナーとさらに興奮するセックスを楽しみたい

今までやったことがない体位に挑戦してみたい

 

そんなあなたに試してほしいのが、撞木ぞりという体位です。

 

撞木ぞりは背面騎乗位の変形型の体位仰臥位で行う体位です。アクロバティックな体位なので、マンネリ打破にも効果的な体位です。

 

撞木ぞりのやり方や、パートナーに気持ちよくなってもらうためのテクニックなどを紹介していきます。

たく
この記事を書いた人
たく

表は28歳男、IT系企業に勤める会社員。裏はSNSで出会った4人のセフレと週替わりで刺激的なセックスを楽しむハメ撮り師。しかし、昔は彼女いない歴20年の、元陰キャラコミュ障。20歳からはナンパにアプリ、合コン、風俗と、女性と出会うあらゆる手段を試した。童貞でも複数のセフレを作れる方法やセックステクニックを伝授している。

たくをフォローする

撞木ぞりはどんな体位?

撞木ぞり(しょもくぞり)という体位をご存知でしょうか?「撞木ぞり」、聞いたことがある、でもセックス用語ではなかったような・・・。実はこの「撞木ぞり」は相撲の決り手、それもかなり珍しい決まり手として、好角家の中では知られています。それをセックスの体位に応用したものです。

 

撞木ぞりは、背面騎乗位の変化形で、非常にアクロバティックな体位です。撞木ぞりは、男性と女性がともに仰向けになり重なって寝て行う体位です。。騎乗位なので女性が上、男性が下です。重なるように同じ仰向けになっているのですが、ペニスが膣に挿入され得ていて、つながっているという非常にユニークな体位になります。

 

結合部分がぱっくりと丸見えで、鏡を置いたり、スマホの録画モードをセットしたりしておくと、めちゃくちゃいやらしいものが見られます。膣から滴り落ちる愛液やいやらしく出入りするペニス、そうした性の交合を視覚的に楽しめる体位になっています。

撞木ぞり体位のやり方

撞木ぞりのやり方ですが、お互いに仰向けに重なった状態で挿入はできないので、騎乗位の姿勢から移動するとやりやすいです。

 

まずは後ろ向きになり、騎乗位でパートナーに挿入してもらいましょう。その際、女性の下半身はM字開脚の状態にして、結合を安定させておきます。

 

その状態で、女性が男性の方に向かって体を倒し、海老ぞりの姿勢になります。身体を重ねているため、両ヒジで上半身を支えて安定させます。また、膝を曲げておくと、パートナーの体を安定させやすいです。

 

男性は女性の背中や肩を両手でしっかり支えます。身体と結合が安定してから、男性は足をまっすぐ伸ばします。こうすることで、男女とも仰向けになり身体を重ね、性器が結合してぱっくりと丸見えになる撞木ぞりの体位が完成します。

 

背面騎乗位から移行しますが、撞木ぞりの体位自体は「仰臥位(ぎょうがい)」というものの1つになります。寝て行うセックス体位です。

撞木ぞり体位での腰の動かし方

撞木ぞりお互いに仰向けになったまま結合していますが、それだけでは性器への快感はいまいちであり、この態勢から上手にピストンをしていきます。

 

撞木ぞりでのピストンのポイントは、女性は自分から腰を動かさず、姿勢を維持することに専念します。そして男性が腰を突き上げるように、上下にピストンをしていきます。

 

上に女性が寝ているので、上手に腰を動かしにくいという欠点がありますが、興奮する体位の勢いに任せて、上下に擦っていきましょう。少しでもやりやすいように、女性は少し腰を浮かせると、ピストンできる上下の幅が広がります。

 

男性はパートナーの腰や体をしっかりつかむことで、リズミカルなピストンが可能になります。

 

そのまま射精まで達すると、コンドームを付けていない場合、ペニスを抜いた後、膣からドロドロ精液が流れ出るのまで見ることができます。子作りセックスの際には、撞木ぞりを試してみると、射精の勢いも強く、妊娠しやすくなるかもしれません。

撞木ぞり体位での注意点

撞木ぞりの体位はよく言えばアクロバティック、悪く言うと不安定です。あまり無理やり動かしすぎると、ペニスが抜けやすくなるだけではなく、女性の体につぶされてしまう可能性もあります。

 

また、女性が上半身の体重を支えきれなったり、バランスを崩してしまったりすると、女性の頭が男性の顔面にぶつかってしまう可能性もあります。流血の惨事につながってしまうので注意してください。女性の髪が長すぎると、男性の目に入ってしまい、不安定になってしまうこともあります。

 

まずはゆっくり腰を動かして、ペニスが抜けない範囲を確認したり、激しく動く前に一度確認してから動くようにすると、そうしたデメリットを補うことができます。

撞木ぞり体位でさらに感じさせるテクニック

撞木ぞりでさらにパートナーに気持ちよくなってもらうテクニックとして、撞木ぞりの体勢でブリッジをしてもらい挿入するというものがあります。

 

さらに結合部分が強調され、いやらしく抜き差しされているペニスが二人を官能的な世界に導いていきます。

 

まるでアクロバティックAVの1シーンのようなことが、ブリッジ撞木ぞりで可能になります。ペニスと膣だけで2人がつながっていて、お互いに快楽をむさぼっているのがよくわかります。姿見などを2人の前に置いておくと、その結合が本当によく見えていやらし事この上なしです。

 

女性がブリッジしたまま、膣内で射精することができれば、官能度はMAXになります。

 

ベッドなどではブリッジしにくい場合、ソファにもたれかかるような姿勢になると、2人の体重も分散して、腰を持ち上げやすくなります。大変な体位ではありますが、愛するカップルでないとできないような本当に恥ずかしい体位ですので、ぜひ実践してみて下さい。

撞木ぞりでもっと興奮する夜を

この記事では、撞木ぞりのやり方や気持ちよくなってもらうためのテクニックについて紹介してきました。

 

撞木ぞりは男女とも仰向けになり、男性が下から挿入する仰臥位で行う体位です。

 

撞木ぞりは背面騎乗位から移動してあげるとスムーズに行うことができます。動く時は、激しく動きないように少し気をつけましょう。

 

撞木ぞりをマスターして、さらにパートナーと気持ちいいセックスを楽しんでください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました