セックスは雰囲気作りが全て!セックス前のムードの盛り上げ方を解説!

セックステクニック
 

セックスの雰囲気を盛り上げるにはどうしたらいいの?

雰囲気って本当に大切なの?

セックスの雰囲気を盛り上げるために意識したいことを紹介していきます。

たく
この記事を書いた人
たく

表は28歳男、IT系企業に勤める会社員。裏はSNSで出会った4人のセフレと週替わりで刺激的なセックスを楽しむハメ撮り師。しかし、昔は彼女いない歴20年の、元陰キャラコミュ障。20歳からはナンパにアプリ、合コン、風俗と、女性と出会うあらゆる手段を試した。童貞でも複数のセフレを作れる方法やセックステクニックを伝授している。

たくをフォローする

セックスの雰囲気は五感を意識する!

五感を意識する

セックスはテクニックも大切ですが、雰囲気も重要です。しかし、雰囲気を作るといっても、何をすればいいのかよく分からないという方も多いと思います。

 

セックスでいい雰囲気を作るには、「五感」を意識するとよいです。具体的には次の5つです。

 

視覚 : 薄暗い中で
嗅覚 : アロマを炊く
聴覚 : 心地よいBGM
味覚 : キスの時の味
触覚 : 優しい触り方

薄暗い中で

セックスの時は部屋を薄暗くしてあげましょう。明るい中でのセックスも好きという女性もいますが、薄暗くしてあげることで雰囲気がよくなり、落ち着いてゆったりとセックスができます。

 

電気がついていると、目から光が入ってきます。脳が処理している情報の8割以上は目から入ってくるものと言われています。

 

そのため部屋が明るいと目からたくさんの情報が飛び込んできて、脳を休めることができず、いい雰囲気を作れないのです。

 

近づくと相手の顔が見えるくらいの暗さにしてあげると、いらない情報が目から入ってこないので、リラックスすることができます。

アロマを炊く

アロマを炊く

アロマを炊くのも、セックスの雰囲気作りとしてオススメです。

 

アロマオイルは植物から抽出した成分が含まれています。いい匂いがするのは、その成分を吸っているからです。

 

植物に含まれる成分は、鼻を通って脳に直接作用して交感神経や副交感神経を刺激します。

 

アロマオイルによってどちらを刺激するかは変わってきます。オススメはリラックスできる副交感神経を刺激する、ラベンダーカモミールローズマリーなどの甘めの香りのものです。

 

逆に交感神経を刺激するのは、ペパーミントやブラックペッパー、レモン、グレープフルーツといった、柑橘系や刺激的な香りのものなので、これらはセックスの時にはあまりオススメではありません。

 

アロマオイルの中には、エッチな気分になる精油もあります。それが、イランイランという精油です。イランイランは南国チックな香りがするアロマオイルです。

 

イランイランには酢酸ベンジルという成分が含まれていて、これがフェロモンとして働きます。また男性ホルモンに似た構造の物質も含まれているので、男性にも効果があります。

 

アロマオイルはアロマデュフィーサーで拡散すると部屋全体がアロマの香りに包まれるのでオススメです。

なな
なな

いい香りの中でするエッチ、すごく好き…!

たく
たく

僕はいつもラベンダーかイランイランを炊いているよ!

心地よいBGM

セックスの時には音楽を流してあげるとよりリラックスすることができます。ただし流す音楽を慎重に選ぶ必要があります。

 

様々な研究の結果、リラックスできる音楽にはどのような特徴があるのかが見えてきました。その特徴は4つあります。

 

BPMが90
4/4拍子
ピアノとストリングス(弦楽器)が入っている
狭い音階の中で低音から高音へ上がっていく

 

リラックスできる音楽に共通して見られる特徴は、この4つだということが分かってきました。

 

有名なクラシック音楽はこの特徴を満たすものが多いので、セックスの時にはクラシックを流しておくとよいです。

 

また、4つの特徴から、科学的にリラックスできる音楽というものも作られています。それがこちらです。

 

 

こうした音楽を流しながらセックスをするのも、お互いがリラックスできていいですね。

 

ただし音量には注意しましょう。音量は静かにして意識すると聞こえるくらいがベストです。大きすぎるとセックスに集中できなくなります。

優しい触り方

パートナーをリラックスさせるためには、優しい触り方を意識しましょう。触り方としては、フェザータッチがオススメです。

 

フェザータッチとは、女性の肌に触れるか触れないかくらいのところで手を動かしていく触り方です。スローセックスを考案したAV男優アダム徳永さんの名前を取って、アダムズタッチとも言われています。

 

フェザータッチは指先まで手の力をだらんと抜いて、指先が相手の体に少し触れるくらいで触りましょう。

 

動かす早さもゆっくりを意識しましょう。秒速30cmがベストと言われています。ゆったりと時間が流れている気がしてパートナーをリラックスさせることができます。

キスの時の味

キスの時の味を工夫すると、味覚も刺激できてさらに雰囲気を高めることができます。

 

キスの時に、さっき食べたご飯の味がしたら、それだけで雰囲気が盛り下がってしまいます。逆にキスの時に甘い味やフルーティーな味がすると盛り上がります。

 

キスに味をつけるためには、アップルティーやレモンティーを飲むのがオススメです。

女性向けの商品にはなりますが、ヌレヌレ・マスカットキス という商品が非常にオススメです。

女性向けの商品を使うことで、他の男性とも差別化することができ、よりパートナーを虜にすることができます。

セックスで雰囲気が大切な理由

雰囲気が大切な理由

女性は脳で感じると言われています。セックスはテクニックも大切ですが、雰囲気作りも非常に重要です。

 

雰囲気をしっかり作らないと、いくらテクニックを磨いても女性が感じてくれないこともあります。

 

雰囲気作りが大切な理由は3つ挙げられます。

 

リラックスさせられる
セックスでイきやすくなる
女性は過程を重視する

リラックスさせられる

セックスでは、どれだけパートナーをリラックスさせられるかがかなり大切です。リラックスした状態でないと興奮できないですし、安心してあなたに身を委ねることができません。

 

リラックスしていない状態だと、膣内が濡れにくく、その状態で挿入してしまうとパートナーが痛がる原因となります。

 

セックスではパートナーをリラックスさせることが非常に大切なのです。

セックスでイきやすくもなる

雰囲気がいいと、女性はセックスでイきやすくなります。女性は脳で快感を感じると言われています。

 

セックスの雰囲気がいいと脳の快感に対する感受性がよくなり、少しの刺激でもイきやすくなります。

 

逆に雰囲気がよくないと、いくらテクニックを磨いてもパートナーはあまり感じず、イくこともないでしょう。

 

テクニックを磨くのも大切ですが、セックスの雰囲気作りはそれ以上に重要なのです。

過程を重視する

女性は過程を重視すると言われています。

 

男性の場合、セックスの過程はどうであれ射精したということに満足感を覚えます。

 

しかし女性の場合はオーガズムに達したかどうか(結果)は大して重要ではなく、どのようなセックスをしたのか(過程)を非常に大切にします。

 

たまに女性があの日のセックスは気持ちよかった、あの時言われた言葉が好きだった、なんて言うことがありますが、これは女性がセックスの過程を重視している証拠です。

 

いい雰囲気の中でセックスをすると、パートナーの思い出に残るセックスになります。パートナーを虜にするには、いい雰囲気の中でするセックスがとても大切です。

セックス時の雰囲気をマスターしてパートナーを虜に

セックスはテクニックも大切ですが、それ以前に雰囲気がとても大切です。雰囲気がよくないとパートナーがリラックスできず、イきにくいです。

 

雰囲気を意識するだけで、パートナーとのセックスがもっと楽しくて盛り上がるものになるので、五感を刺激する、というのを意識してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました