【48手体位】首引き恋慕の気持ちいいやり方を徹底解説!

四十八手

新しい体位に挑戦してみたい

パートナーと精神的にも繋がれる体位がしたい

 

 

そんなあなたに挑戦してほしいのが、首引き恋慕という体位です。

 

首引き恋慕は四十八手の1つで、対面座位で首に紐を巻いて行う体位です。

 

首引き恋慕のやり方やさらに気持ちよくなってもらうためのテクニックなどについて解説していきます。

たく
この記事を書いた人
たく

表は28歳男、IT系企業に勤める会社員。裏はSNSで出会った4人のセフレと週替わりで刺激的なセックスを楽しむハメ撮り師。しかし、昔は彼女いない歴20年の、元陰キャラコミュ障。20歳からはナンパにアプリ、合コン、風俗と、女性と出会うあらゆる手段を試した。童貞でも複数のセフレを作れる方法やセックステクニックを伝授している。

たくをフォローする

首引き恋慕はどんな体位?

首引き恋慕(くびひきれんぼ)という体位には、横恋慕の「恋慕」に「首引き」という物騒なワードが入っています。

 

名前だけを見ると、なんだか愛する男女が一緒に無理心中をしようとしているような、趣と不謹慎さが同居した奇妙な体位に見えてしまいます。

 

首引き恋慕の体位は、紐を男女の首に巻いた対面座位です。紐を使って何かをするわけではなく、愛する2人がペニスと膣の下半身だけではなく、頭も紐によってつながっていることでより愛情を感じる体位なのです。

 

物理的にも密着感が味わえますが、何といっても精神的に2人がつながっているという感触を得られるので、是非愛情を確認する意味でもやっていただきたい体位になります。

 

首引き恋慕体位のやり方

基本的に対面座位と同じです(首に紐をかけた対面座位なので)。まず男性が足を伸ばして座り、ペニスを女性が挿入しやすいようにします。その後、女性が男性に向かい合う形で男性にしゃがみ、ペニスを膣に没入させます。

 

ここまでは単なる対面座位ですよね。ここで首引き恋慕のキーアイテムである紐で輪っかをつくり、男女、お互いの首にかけて完成です。1本の輪で2人の首もくくられている格好になります。

 

あとは対面座位と同様、お互いに下半身をピストン、グラインドさせることで性感を高めていきます。ただし、首に紐がかかっているので、あまり離れすぎると紐によって首が押さえつけられます。

 

首は大切な場所なので、「紐」にこだわらず、マフラーやタオルなど柔らかい素材のものでも構いません。あくまで2人の一体感を得るためのアイテムですので、本気で紐を使って括り付けるようなプレイではなくて大丈夫です。

 

「緊縛プレイ」とは違いますのでご安心下さい。

 

首引き恋慕への移行は通常の対面座位と同じで構いません。フィニッシュの体位としても使えるので、1回のセックスの流れを見ながら、どこに首引き恋慕を持っていくのかご判断ください。

首引き恋慕体位での腰の動かし方

対面座位と同様、首引き恋慕の体位では男女ともに腰を使って性感を得ることができます。

 

男性の場合は下から突き上げるように女性の膣を刺激してあげてください。女性もそれに応えるように腰を前後にグラインドすることで、自分で快感をコントロールできます。

 

紐で2人の心がつながっているので、お互いのことを思いやりながら腰を動かしてあげましょう。紐がストッパーになり、あまり激しい動きは避けられますので、ペニスでパートナーの膣内を大いに感じてください。

 

2人の呼吸がぴったり合うことで、紐に食い込むことなくピストンを継続させることができます。その意味では通常の対面座位とは異なり、一定のリズムを維持した腰の使い方が必要です。

 

首引き恋慕の体位は、2人の体と心がシンクロしないとうまくできません。その意味では、お互いの愛情を再確認するためトライしてみたい体位ですね。

首引き恋慕体位での注意点

首引き恋慕は言うまでもなく、紐を首にかけるので、危険が伴います。間違っても、絶対に首が閉まるような結び方をしてはいけません。最初にしっかりとした輪を作り、それを2人の首にかけてからスタートしてください。

 

固い紐やロープで行うと、たとえ締まらなくても、首を傷つけてしまいます。場所が場所だけに傷がつくと大変なことになるため、まずは柔らかい素材のもので試してみるとよいでしょう。

 

窒息やけがのリスクを背負ってまで、首引き恋慕を行うメリットはありません。あくまでセックスの体位の1つです。

首引き恋慕体位でさらに感じさせるテクニック

とはいえ、首引き恋慕は紐や縄を使う体位であり、「ソフトSM」の1つの形態として行ってもいいでしょう。縄や紐はそれで叩いたり縛ったりするためだけのアイテムではありません。

 

例えば、男女どちらかが自分の首にかかっている紐を取ってみましょう。そうすると、ペットを首輪で従えている飼い主のようになります。相手に首輪をかけているような状態になり「ご主人様としもべ」を疑似的に体験できます。

 

下半身はつながっている状態ですので、首引き恋慕の紐を持って、相手に「もっと感じたいの?」「どうしてほしいの?」などの言葉攻めができます。

 

相手は快楽のあまり、腰を動かしながら懇願のまなざしを向けるかもしれません。痛くないソフトSMのプレイがこれでできます。

 

普段SMなんてしたことないし、ちょっとハードルが高いというカップルも、首引き恋慕の応用からアブノーマルな世界の入り口をのぞいてみてはいかがでしょうか?ひょっとすると病みつきになるかもしれません。

 

ケガのリスクが少ない中で、ソフトなSMを楽しめそうなのが首引き恋慕の体位になります。ぜひ、ちょっとだけ勇気を出してチャレンジしてみて下さい。

首引き恋慕の体位で満足感の高いセックスを

この記事では、首引き恋慕の体位のやり方や、さらに気持ちよくなってもらうためのテクニックについて解説してきました。

 

首引き恋慕は対面座位の状態で、首に紐を巻いて行う体位です。

 

紐でなくても、タオルやマフラーなどの柔らかい布でも大丈夫です。首に何かを巻いていることで、心も繋がっているような気分になり、精神的にも満たされます。

 

パートナーとの愛情をさらに深めたいあなたにぴったりの体位なので、ぜひ挑戦してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました