【48手体位】こたつがかりの気持ちいいやり方を徹底解説!

四十八手

いつものセックスが少しマンネリ化してきた

パートナーにもっと気持ちよくなってもらいたい

新しい体位に挑戦してみたい

 

 

そんなあなたにオススメなのが、こたつがかりという体位です。

 

こたつがかりは四十八手の1つです。名前からするとこたつがないとできないように思うかもしれませんが、実はこたつがなくてもできます。

 

こたつがかりとはどのような体位なのか、やり方や気持ちよくなってもらうためのテクニックについて紹介してきます。

たく
この記事を書いた人
たく

表は28歳男、IT系企業に勤める会社員。裏はSNSで出会った4人のセフレと週替わりで刺激的なセックスを楽しむハメ撮り師。しかし、昔は彼女いない歴20年の、元陰キャラコミュ障。20歳からはナンパにアプリ、合コン、風俗と、女性と出会うあらゆる手段を試した。童貞でも複数のセフレを作れる方法やセックステクニックを伝授している。

たくをフォローする

こたつがかりはどんな体位?

こたつがかりとは四十八手の1つで、こたつでおこなう「背面座位」の事です。

 

男性が足を伸ばした状態で下になり、女性が男性の足にまたがるようなでおこなう体位です。

 

こたつが無いとできないのと思ったかもしれませんが、こたつを出さない季節でも、気軽にパートナーと楽む事ができます。

 

パートナーとの付き合いが長いと、ついつい体位もマンネリ化してしまいがちですが、「こたつがかり」は密着度も高く、女性にも男性にも負担がかかりにくい体位ですので、今夜から試すことができます。

こたつがかり体位のやり方

こたつがかりは男性が足を伸ばして座り、その上に女性が足をかがめる形で座り、ペニスを挿入します。

 

座った状態で後ろから女性を抱きしめ、片足を女性の足の間に入れ、前戯を行いつつ自然に両足を女性の足の間に入れ、女性を後ろ向きに「抱っこ」する体勢をつくります。その体勢が整ったら、あとはペニスを挿入して、そのまま腰を動かしましょう。

 

このように挿入してあげると、スムーズにこたつがかりの体位に移動することができます。

 

比較的に女性が動きやすい体位ですので、女性に動いてもらえるよう、声をかけるのも良いでしょう。

こたつがかり体位での腰の動かし方

こたつがかりの動き方は2パターンあります。女性に上下運動をしてもらうパターンと、男性が太ももに力を入れる形で上下運動をおこなうパターンです。

 

比較的女性の方が動きやすい体位になりますので、まずは女性に動いてもらうようにするとスムーズに進められるでしょう。

 

男性が腰を動かす時には、少しコツがあります。女性の腰を掴み、少し重心を後ろの方にズラすことで、お尻に力が入りやすく、また深く挿入する事が可能です。

 

この時に、女性には少し前かがみになってもらうとバランスがとりやすいので、腰を持つ時に後ろに引くのではなく、親指を上にて「指圧」をするような形で女性の腰をもつと自然と女性も重心が前の方にいきやすくなるのでオススメです。

 

こたつがかりは女性に上に乗ってもらう体勢のため、ペニスが深く挿入できる体位です。前後に動いてみて、女性が気持ち良いスポットを探して、責める事でオーガズムを誘導できるでしょう。

 

一度女性に動いてもらって、女性の反応が良い体勢で攻守交代するという方法も、女性をイかせるテクニックの1つです。

 

女性が上の体位の場合、女性は足を使って上下運動をおこなうのですが、脚力のない女性は、イきたくても自分の動くスピードじゃなかなかイけない、という方も多いのです。

 

そうした時は、男性が下から突いてあげるとイかせてあげやすいです。

こたつがかり体位での注意点

こたつがかりの体位では、2つ注意点があります。それは、パートナーが痛いと感じる可能性があるということと、男女ともに少し疲れやすい体位だということです。

 

こたつがかりは奥まで挿入できる体位ですが、小柄な女性や、敏感な女性にとって「奥」は必ずしも気持ちいいとは限らないのです。「痛い」と感じてしまう人もいるので、角度を調整しながらおこなうと良いでしょう。

 

「痛くない?」などの声掛けは、どんな女性にとっても嬉しいものなので、どんどん声掛けをおこないましょう。

 

男性が動く場合は、女性の体重がかかっているということと、足を伸ばした状態なので、腰を動かしにくいので、すぐに疲れてしまうといのも注意点の1つです。

 

なので、こたつがかりの体位でフィニッシュを迎えるというよりは、バリエーションの1つと捉えてこたつがかりの体位に挑戦するようにしましょう。

こたつがかり体位でさらに感じさせるテクニック

こたつがかりでパートナーにさらに感じてもらうためには、胸やクリトリスも同時に愛撫してあげるというのが効果的です。

 

こたつがかりは密着度が高く、胸やクリトリスの愛撫がとてもやりやすい体位です。

 

特に、クリトリスは女性にとって最も感じる事ができる場所です。後ろからの愛撫は、オナニーをする時の手の動きに似ており、実は前から触るよりもイきやすかったりするのです。

 

「外でイッてからしか中でイけない」という女性は非常に多いので、まずはクリトリスで感度を高めてから、ピストンするという流れも女性にとって嬉しいですね。

 

「おもちゃ」を使ってみるというのも、パートナーに気持ちよくなってもらえるテクニックとして挙げられます。

 

後ろから愛撫する事で感度の上がったクリトリスに、ローターや電マなどのおもちゃをあててあげると、女性はたまらないでしょう。

 

特に最近はクリトリス吸引バイブというものが流行っていて、中でもマイメアリープラスは、オシャレなラブグッズとしてとても人気です。

マイメアリープラスでイきまくる?!「吸引」という新しい刺激

 

 

さらに、女性が逃げづらい体位でもあるので刺激しやすく、M属性の女性はきっと病みつきにになってしまうでしょう。

 

外でイッた後、女性の膣はとても敏感になっているので、ピストン運動に切り替える事で中イキにも繋がります。

 

食べ物でいうと、ポテチ(塩っけ)とチョコ(甘さ)を交互に食べているような充実感を女性は感じる事ができ、こたつがかりにハマる女性が続出すること間違いなしです!

こたつがかりでセックスを盛り上げよう!

この記事では、こたつがかりとはどんな体位なのか、やり方やテクニックについて紹介してきました。

 

こたつがかりは四十八手の1つで、実はこたつがなくてもできる体位です。

 

男性が足を伸ばして座り、その上に女性がまたがってペニスを挿入すれば、こたつがかりの体位の完成です。

 

こたつがかりではパートナーの胸やクリトリスを愛撫しやすいので、たくさん感じてもらうことができます。

 

新しい体位を取り入れると、マンネリの防止にも繋がります。こたつがかりの体位で、さらにセックスを盛り上げましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました