クリトリスの気持ちいい触り方テクニック7つを徹底解説!クリイキさせられる方法も!

セックステクニック

 

「クリトリスで気持ちよくなってほしい」
「クリトリスでイカせまくりたい…!」

こんな悩みを解決していきます。

たく
この記事を書いた人
たく

表は28歳男、IT系企業に勤める会社員。裏は4人のセフレと週替わりで刺激的なセックスを楽しむハメ撮り師。しかし、昔は彼女いない歴20年の、元陰キャラコミュ障。20歳からはナンパにアプリ、合コン、風俗と、女性と出会うあらゆる手段を試した。童貞でも複数のセフレを作れる方法を伝授します。

たくをフォローする

クリトリスってどこ??

クリトリスの触り方を紹介する前に、まずはクリトリスがどこにあるのかを紹介していきます。

 

「どこにあるかくらい知っている」という声も聞こえてきそうですが、クリトリスは目に見えないところにもあるのです。

 

目に見えないクリトリスも触ってあげるとよりパートナーを気持ちよくすることができます。

 

まずは女性器の構造や目に見えないクリトリスについて解説していきます。

女性器の構造を知る

女性器の構造

女性器は大きく分けると図に示したように、恥丘、大陰唇、小陰唇、膣口、クリトリスという5つの部分からできています。

 

恥丘は女性の陰裂上部の緩やかに盛り上がった部分のことを言います。この部分は陰毛が生える部分でもあります。

 

大陰唇は恥丘の下から肛門の近くまで伸びている部分のことを言います。

 

小陰唇は大陰唇の内側にある薄い肉びらを指します。俗にビラビラと言われるのがこの小陰唇です。

 

この部位は通常だと膣口を覆うように閉じて、尿道や膣を守る働きがありますが、女性が性的に興奮するとこの部位が左右に開き、膣内から愛液が分泌されます。

 

実はこの小陰唇の裏側に、目に見えないクリトリスがあるのです。

 

膣口はペニスを挿入する入り口で、クリトリスは膣口の上についている豆状の突起のことを指します。

 

クリトリスは皮を被っているので、触る時は皮を剥いて触ってあげるとより気持ちよくなれます。

クリトリスは小陰唇の裏にも

クリトリスの構造

先ほども少し書きましたが、クリトリスは小陰唇の裏にもあります。上の図に示した通り、いつも見ている豆状のクリトリスは、実はクリトリスの一部なのです。

 

クリトリスはもう少し大きなもので、大部分は体の中に埋まっているのです。クリトリスはVの字を上下逆さにしたような構造をしていて、小陰唇をめくると、いつもの突起部分以外のクリトリスが顔を出します。

 

小陰唇の内側をめくると膜が張り出したようなものが見えると思いますが、それが目に見えないクリトリスです。

クリトリスを責めるメリット

クリトリスは小陰唇の内側にもあるので、隠れたクリトリスも責めてあげるとよりパートナーを感じさせることができます。

 

クリトリスは愛撫で絶対に責めておきたい部位です。次に愛撫でクリトリスを責めるメリットを紹介します。

外イキしやすい女性が多い

クリトリスは処女であっても開発されていることがほとんどで、クリトリスでイくことができるという女性はたくさんいます。

 

パートナーのことも気持ちよくしてあげてお互い楽しみたいなら、クリトリスを積極的に責めてあげたいです。

 

ただし一人だとイけるけど、セックスだと緊張してイけないという女性もいるので、無理やりイかせようとしたり、イかないかったからといってパートナーを責めるのはやめましょう。

外イキした後は中イキもしやすい

クリトリスでイくことができる女性は多いです。クリトリスでイった後は、中でもイきやすくなります。

 

なので愛撫でしっかりクリトリスを責めておくと、挿入後もお互い気持ちよくなれます。

愛撫にじっくり時間をかけられる

クリトリスでイけなくても、クリトリスをじっくり責めてあげることで愛撫に時間をかけることができます。

 

多くの女性は、手短にセックスを済まされるよりも、じっくり時間をかけてセックスをするのを好みます。

 

クリトリスをしっかり責めてあげると、愛撫にも時間をかけることができ、パートナーにも愛情を感じてもらうことができます。

クリトリスの基本の触り方

ここまでクリトリスの位置やクリトリスを責めるメリットについて紹介してきました。

 

ここからはいよいよクリトリスはどのように触ると気持ちいいのか、クリトリスの基本の触り方を紹介していきます。

じっくり焦らしてから触る

クリトリスを触る前に、じっくりと焦らしてあげましょう。

 

じっくり焦らしてあげることで早く触ってほしいという欲を溜めてあげます。その欲が溜まれば溜まるほど、クリトリスを触ってあげた時の気持ちよさは大きくなります。

 

女性は男性と違い焦らされることで興奮し、快感が高まります。いきなりクリトリスを触るのではなく、じっくり焦らしてから触るようにしましょう。

 

具体的には太ももを撫でたり、クリトリスの上にある恥丘を撫でてあげ、その後クリトリスに近い大陰唇や小陰唇を触ってあげましょう。

 

徐々にクリトリスに近づくことで、そろそろクリトリスを触ってもらえるのではないかという期待感と、まだクリトリスを触ってもらえないという焦ったさを与え、クリトリスを触った時に大きな快感を与えることができます。

皮を剥いて触る

十分に焦らしたら、いよいよクリトリスを触りましょう。クリトリスには皮が被っているので、触る時は皮を剥いてあげましょう。

 

皮を剥く時は、人差し指で広げて親指で触るか、あるいは中指で広げて人差し指で触るとやりやすいです。

指先で軽く触れるように触る

クリトリスは敏感な部分なので、雑に扱うとパートナーを痛がらせてしまいます。クリトリスを触る時は、始めは指先で軽く触れるように触ってあげましょう。

 

豆腐を崩さないように触るイメージです。いくらや卵黄を割らないように触る、というイメージでもOKです。

指を小刻みに震わせる

クリトリスに優しく触れながら、指を小刻みに振るわせるとより刺激を伝えることができます。

 

クリトリスに刺激を与える時は、指を動かすのではなく、指をクリトリスに当てたまま離さずに、振動を与えるというイメージです。

 

指を動かしてしまうとクリトリスとの間に摩擦が生じてしまい痛みを感じることもあります。

 

クリトリスから指を離さずに動かした方が痛みもなく、クリトリスでイきやすくなります。

クリトリス責めの応用テクニック

ここまでクリトリスの基本的な触り方について紹介してきました。まずはここまでの内容をマスターしておきましょう。

 

基本の触り方に慣れてきたらクリトリス責めの応用テクニックも実践したいです。

 

クリトリスの触り方のテクニックにはどのようなものがあるのでしょうか。

目に見えないクリトリスも刺激してあげる

冒頭で、クリトリスは体の中にも埋れているという話をしました。クリトリスは小陰唇の裏側にも隠れているのです。

 

この部位は女性もあまり触っていない場合もあるので、女性によっては開発されていない場合もあります。

 

しかしクリトリスの一部なので触ると気持ちいいですし、継続して触っていると開発されて、この部分でイけるようにもなります。

 

小陰唇をめくって少し出っ張っている膜のような部分が隠れたクリトリスなので、そこも指で優しく触ってあげましょう。

中も同時に責める

クリトリスの触り方に慣れてきたら、中も同時に責めながらクリトリスも触ってあげましょう。

 

中も同時に責めることで外イキと中イキを同時に迎えることができる女性もいます。

 

中イキができないという女性に対しては、クリトリスの刺激を与えながらGスポットも刺激してあげることで、まだあまり感じないGスポットも気持ちいいかもしれないという一種の錯覚を起こし、徐々にGスポットでも感じることができるようになっていきます。つまり、Gスポットの開発にもクリトリスの触り方のテクニックが役に立つのです。

 

手と手が近くに来るので少し動かしづらいかもしれませんが、中と外を同時に責められるのは女性にとっては気持ちいいので是非やってあげたいですね。

 

触り方に変化をつける

基本の触り方に慣れてきたら、触り方に変化をつけてみましょう。基本の触り方のところでは、クリトリスに指をくっつけて、振動の刺激を与えるという方法を紹介しました。

 

それに慣れてきたら、クリトリスを弾いてみたりつんつんと指でつつくような刺激も加えてあげましょう。

 

クリトリスは敏感な部位なので、刺激の種類が変わっただけでも感じ方が大きく変わります。

 

パートナーの反応を見ながら、どの種類の刺激が好きかを探してみるのも楽しいですね。

下着の上から責める

クリトリスは直接触っても気持ちいいですが、下着の上から触られるのも気持ちいいです。

 

男性でも下着の上からペニスを触られるのが好きという方もいます。またシャツの上から乳首を触られた方が直接触られるよりも気持ちよかったりもします。

 

それと一緒でクリトリスも下着の上から触られると気持ちいいので、前戯で下着を脱がす前にチャレンジしてみましょう。

 

下着の上からクリトリスの位置を特定するのは少し難しいですが、下着に濡れている痕がついていたら、その少し上を狙うと当たりやすいです。

 

下着に少し強く指を押し当ててゆっくりと下から上に動かしていくとクリトリスを通ります。クリトリスを通ると女性がビクンと反応するので、パートナーの反応を観察しながら指を下から上に動かして探し当てることもできます。

舐めて責めるのもOK

クリトリスは触るだけでなく、舐めてあげても気持ちいいです。フェラが気持ちいいように、クリトリスも舐められると気持ちいいです。

 

クリトリスを舐める責め方はクンニと言われます。クンニの気持ちいいやり方は別の記事で詳しくたっぷりと紹介しているので、そちらを参考にしてください。

 

挿入前にペニスで刺激する

挿入前にペニスでクリトリスを刺激するという方法も使いたいです。

 

一番最初は正常位から始めるという方が多いと思います。正常位で挿入する前に、ペニスでクリトリスを刺激してあげましょう。

 

ペニスを上下や左右に揺らしてクリトリスを刺激してあげると気持ちいいですし、パートナーを焦らして早く挿入して欲しいと思わせることもできます。

挿入しながらクリトリスを責める

挿入中にもクリトリスを責めてあげたいです。特に中がまだ完全に開発されていない女性の場合、あまり挿入が気持ちよくないという悩みを抱えていることもあります。

 

挿入中にクリトリスも責めてあげると、中ではあまり感じなくてもクリトリスで感じているので挿入中も気持ちよくなれます。

 

そのまま続けていると、気持ちいいのはクリトリスを触られているからではなく、中が開発されてきたからかも、という錯覚を起こし、中でも感じることができるようになっていきます。

 

挿入しながらクリトリスを触りやすい体位としては、バック立ちバックロールスロイス体位などが挙げられます。これらの詳しいやり方を紹介している記事もあるので、参考にしてください。

大人のおもちゃを使う

大人のおもちゃを使ってクリトリスを責めてあげると、手では与えることができない刺激を与えられるので、パートナーがいつも以上に感じている姿を見ることができます。

 

正常位では少しクリトリスを触りにくいので、特に正常位では大人のおもちゃを利用するのがオススメです。

 

クリトリスを責める際に使いたい大人のおもちゃとしては、電マ、ローター、ローションなどがあります。最近はクリトリスを吸引する大人のおもちゃも人気なので、そうした大人のおもちゃを使うのもオススメです。

クリトリスを吸引する大人のおもちゃとしては、MY MARYがオススメです。

クリトリスを触る時の注意

クリトリスは触り方を変えるだけで様々な刺激を与えることができます。また大人のおもちゃ

を利用すると手では与えられない刺激を与えられ、パートナーがいつも以上に感じている姿を見ることができます。

 

クリトリスを触る際にはいくつか注意したいことがあるので、最後にクリトリスの触り方の注意点を紹介します。

強く触りすぎない

クリトリスはかなり敏感な部分なので、触る時は強く触りすぎないようにしましょう。強くするとパートナーが痛いと感じてしまいます。

 

先ほども紹介したように、豆腐やいくら、卵黄を潰さないくらいの圧で、丁寧に触るようにしてあげましょう。

愛液で濡らしながら触る

ペニスを触られる時も、乾いた状態で触られると痛みを感じますよね。クリトリスも同じで、乾いたまま触っていると摩擦が生じ、痛みを感じます。

 

クリトリスを触る際はしっかり濡らして触るようにしましょう。膣口から愛液が出ている場合は愛液を指に絡めて触るとよいです。

 

愛液が出ていなくて乾いている場合は、ローションを使ってあげましょう。

 

ローションにはペペローションのように滑り成分を配合したものも含まれていますが、そうしたものは水分を吸うので、余計に乾いてしまう可能性があります。

 

セックス時の潤い不足には、リューブゼリーというローションが非常にオススメです。

このローションはしっかり滑りは出ますが、主成分が水で、不要な成分が含まれていないので、パートナーのデリケートゾーンにも優しい商品になっています。

クリトリスでパートナーをイかせよう!

今回はクリトリスの気持ちいい触り方やクリトリスの責め方のテクニックについて紹介してきました。

 

クリトリスはとても敏感な場所なので、触る時は丁寧に触ってあげたいですね。

 

クリトリスでイきやすいという女性も多いので、テクニックを身につければパートナーをイかせることもできます。

 

クリトリスで気持ちよくしてあげるテクニックを身につけて、パートナーを虜にしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました