胸・おっぱいの気持ちいい触り方!7つの性感帯を意識!

セックステクニック
悩んでいる人
悩んでいる人

おっぱいを揉んでもあまり感じてくれない・・・

おっぱいで気持ちよくしてあげるにはどうすればいいの??

 

この記事を読むと・・・

 

胸・おっぱいにある性感帯に詳しくなる

胸・おっぱいをどのように揉むと気持ちいいのか分かる

たく
この記事を書いた人
たく

表は28歳男、IT系企業に勤める会社員。裏はSNSで出会った4人のセフレと週替わりで刺激的なセックスを楽しむハメ撮り師。しかし、昔は彼女いない歴20年の、元陰キャラコミュ障。20歳からはナンパにアプリ、合コン、風俗と、女性と出会うあらゆる手段を試した。童貞でも複数のセフレを作れる方法やセックステクニックを伝授している。

たくをフォローする

胸・おっぱいの性感帯を知ろう!

 

胸・おっぱいでパートナーを気持ちよくしてあげるには、まずは胸・おっぱいのどの部分を触ったらいいのかを知る必要があります。

 

意外かもしれませんが、胸には7つもの性感帯があります。この性感帯を知って責めてあげると、パートナーを気持ちよくさせられます。

 

胸・おっぱいには下の図に示すように7つの性感帯があります。少し聞き慣れない言葉もあるかもしれませんが、まずは図で性感帯の名前と場所を覚えましょう。

 

胸・おっぱいの性感帯

(引用 : 悩む人妻)

 

ここからはこの7つの性感帯について、どのように触るといいのかを詳しく解説していきます。

 

スペンス乳腺

 

胸のGスポットとも言われるスペンス乳腺という性感帯をご存知でしょうか?スペンス乳腺は脇と横乳の間にある性感帯です。

 

スペンス乳腺は、ちょうど女性の下着のワイヤーが通っている場所でもあるので、ブラを外して横乳を見た時にワイヤーの跡がついているあたりを触ってあげると探し当てることができます。

 

スペンス乳腺の場所を分かりやすく解説している動画があったので、こちらも参考にしてください。

 

 

スペンス乳腺は開発すると、胸を揉むだけでもイけるようになるとも言われているほど気持ちいい性感帯です。

 

スペンス乳腺は胸を外側から内側に寄せるようにしながら触ってあげると気持ちいいです。

 

愛撫の基本は体に触れるか触れないかのところで触るフェザータッチです。スペンス乳腺を触る時もフェザータッチを意識してあげると効果が倍増します。

 

乳房全体

胸・おっぱい

 

胸・おっぱいは脂肪のかたまりで性感帯にはならないと言われますが、開発すると乳房自体も性感帯になります。

 

性感帯になるとはいえ、触り方を間違えると気持ちよくないどころか痛いと感じることがあるのも事実です。

 

大きなおっぱいを目の前にするとつい揉みしだきたくなるのは分かりますが、強く揉むと女性は痛いと感じます。

 

おっぱい全体を揉む時は、手のひらが乳首に触れるようにして、胸全体を覆うようにします。そこから指を曲げて揉むのではなく、手の形は変えずに手を上下に動かしたりぐるぐると回してあげましょう。

 

このように触ってあげることで、乳首も同時に刺激することができ、その他の胸の性感帯も一緒に刺激することができるので、気持ちいいと感じてもらうことができます。

 

乳輪・乳首

 

乳輪・乳首はみなさんがご存知の胸・おっぱいの性感帯ですね。

 

乳輪・乳首は胸・おっぱいの中でも特に感じる性感帯なので、胸を揉む時にはできるだけ焦らしたい部分になります。

 

まずは乳輪に触れないように胸の外側から責めていき、徐々に乳輪に触れます。さらに乳首も焦らすように徐々に触るようにしていきます。

 

こうすることで、乳輪や乳首を触った時の感度が高まります。

 

乳輪や乳首の愛撫のやり方は別の記事で詳しく紹介しているので、そちらも参考にしてください。

 

乳首と胸が感じる触り方・舐め方のテクニックを徹底解説!
女性はどのように乳首を触られたり舐められたりすると気持ちいいのか分からないという方は多いと思います。この記事では気持ちいい乳首の触り方や舐め方、応用テクニック、オススメの乳首責めグッズを紹介しています。

 

乳腺

 

乳腺は胸・おっぱいの脂肪の下にある性感帯で、母乳の通り道になる部分です。

 

乳腺も性感帯になる部分ですが、あまり興奮していない状態だと感じにくいです。

 

セックスの中でも女性が感じてきてイきそうになっている時に触るととても気持ちいい部位とも言われています。

 

乳腺のみで気持ちよくしてあげるというよりは、補助的に乳腺を触ってもっと気持ちよくしてあげる、というイメージになります。

 

アンダーバスト

アンダーバスト

 

アンダーバストはいわゆる下乳のことです。アンダーバストも胸・おっぱいの中で女性が感じやすい部位です。

 

アンダーバストは胸の愛撫の最初方で触ってあげます。触る時は、胸を持ち上げるように触ったり、アンダーバストのラインをなぞるように触ってあげると気持ちいいです。

 

アンダーバストを内側から外側に触り、そのままスペンス乳腺も同時に刺激してあげると、乳首を触らなくても胸でパートナーを気持ちよくさせることができます。

 

ミルクライン

 

ミルクラインという言葉は少し聞き慣れないかもしれません。ミルクラインは、乳首とおへそを結ぶラインのことで、このライン上に性感帯があります。

 

おへそと乳首を結ぶライン全てが性感帯というわけではなく、このラインの上に飛び飛びに性感帯があります。

 

おへそから乳首に向かって、指を這わせてみましょう。指は1本で、体に触れるか触れないかのところで触るようにしてください。

 

ゆっくりと進んでいき、パートナーが気持ちよさそうに体を震わせた部分がミルクラインの中の性感帯です。この部位を重点的に責めてあげると気持ちよくしてあげることができます。

 

ミルクラインの中でも多くの女性が感じるのが、乳首とおへその中間地点、肋骨のあるあたりです。他の部位でも感じるという女性もいるので、一つの目安として考えてください。

 

胸・おっぱいの気持ちいい揉み方 5STEP

おっぱいの揉み方

 

胸・おっぱいの性感帯を知ったら、次は触り方や揉み方をマスターしましょう。

 

胸・おっぱいを触る時には、次の5つのステップを意識すると気持ちよくなってもらえます。

 

1, 胸全体

2, ミルクライン

3, アンダーバスト

4, スペンス乳腺

5, 乳首

5つのステップについて詳しく解説していきます。

 

STEP1 服の上から胸全体を揉む

 

胸・おっぱいを触る時は、最初は服の上から触ってあげましょう。服の上から触られるのと直接触られるのとでは少し違った感覚がするので、感覚の違いを楽しめます。

 

特に薄着の上から触ってあげると、布が擦れる感覚を楽しんでもらうことができます。

 

下着は外して服は着せたまま触るなどすると、また違った感覚がするのでとても気持ちいいです。

 

STEP2 ミルクラインを責める

 

服を脱がせたら、次にミルクラインを責めてあげましょう。ミルクラインは、おへそから乳首に向かって伸びているラインのことで、このライン上のどこかに性感帯があります。

 

ミルクラインを触る時は、中指1本を肌に触れるか触れないかのところでゆっくりと動かしてあげましょう。

 

ゆっくり動かすと、パートナーがビクっと感じるところがあるはずです。その部分がミルクラインにある性感帯です。

 

性感帯を見つけたらその部分を意識して触ってあげると胸・おっぱいの快感を高めることができます。

 

STEP3 アンダーバストを責める

下乳・アンダーバスト

 

ミルクラインはおへそから胸の間にある性感帯です。ミルクラインを責めたら次は少し上に上りアンダーバストを責めていきましょう。

 

アンダーバストは胸・おっぱいを下から包み込んで少し持ち上げるように触ってあげると気持ちいいです。

 

手のひらは乳首に当たるようにして、小指側の手の側面がアンダーバストにくるように胸を持ち、そこから左右に動かすことで乳首とアンダーバストを同時に刺激することもできます。

 

STEP4 スペンス乳腺を責める

 

アンダーバストの次はスペンス乳腺を責めてあげましょう。スペンス乳腺は、脇と横乳の間、胸・おっぱいの側面にある性感帯です。

 

スペンス乳腺は胸のGスポットとも言われるほど気持ちいい性感帯なので、この部分は乳腺に触ってあげたいです。

 

まだ開発されていない方でもじっくりと触ってあげることで、どんどん敏感になって開発されていきます。

 

スペンス乳腺を触る時には、乳首には触れないようにしましょう。乳首はスペンス乳腺以上に感じる性感帯なので、乳首を触ってしまうとスペンス乳腺を開発できなかったり、スペンス乳腺への刺激が弱くなったりしてしまいます。

 

今まで聞いたことがなかった性感帯かもしれませんが、開発するとかなり感じてもらえる部位なので、積極的に責めてあげたいですね。

 

STEP5 乳首を責める

乳首を責める

 

胸全体・ミルクラインから始めてスペンス乳腺も刺激してあげたら、いよいよ胸・おっぱいの中でも最も感じる乳首を触ってあげましょう。

 

とはいってもいきなり乳首を強く刺激するのではなく、乳首の周りにある乳輪から責めてあげましょう。

 

まずは乳首に触れないように乳輪を触り、十分焦らしたら乳首を触ってあげます。

 

乳首も触り方や舐め方には様々なテクニックがあり、マスターするとパートナーに気持ちいいと感じてもらえるようになります。

胸・おっぱいを刺激するグッズを紹介!

胸・おっぱいを刺激するグッズ

 

ここまで胸・おっぱいの気持ちいい触り方について紹介してきました。胸やおっぱいは触ってあげるのも気持ちいいですが、それ以外にももっと気持ちよくなってもらえる方法もあります。

 

その方法として、アダルトグッズを利用するというものが挙げられます。

 

実は胸・おっぱいを気持ちよくするためのアダルトグッズはたくさん種類があるのです。

 

その中でも僕がオススメする、胸・おっぱいを気持ちよくできるアダルトグッズを紹介していきます!

 

U. F. O

 

胸・おっぱい責めグッズとして圧倒的にオススメなのが、U. F. Oという商品です。こちらお値段が15,000円くらいと高いのですが、それ以上の価値のある商品なのです!

 

U. F. Oは主に乳首を責めるグッズで、おっぱいにアタッチメントのついたカップをかぶせて電源を入れるとアタッチメントが回転し、まるで乳首を舐めているかのような刺激を与えられるグッズなのです。

 

回転の種類が10数パターンあり、アタッチメントも10種類くらいついているので、100種類以上もの刺激を楽しむことができるのです。

 

このグッズは女性に感じてもらうのにも使えますし、自分で乳首オナニーをする時にも使える優れものなのです!

 

気になる方は一度商品詳細ページを覗いてみてください。

 

Fondlove

U. F. Oは少し値段的に手が届かないという方にオススメなのが、Fondloveという商品です。

 

こちらの商品もU. F. Oとほぼ同じ仕様になっています。刺激の種類もU. F. Oに負けず、価格も3,000円とかなりお手頃です。

 

乳首責めグッズに1万円以上も出せない、でも乳首責めグッズには興味がある、という方はこちらの商品を検討してみるといいですよ!

 

胸・おっぱいで気持ちよくしてあげよう!

 

この記事では、女性が気持ちいいと感じる胸・おっぱいの触り方について紹介してきました。

 

胸には乳首以外にも性感帯がたくさんあるので、その性感帯を的確に責めてあげると気持ちよくしてあげることができます。

 

ぜひ胸・おっぱいの触り方をマスターしてパートナーを気持ちよくさせてあげましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました